雄琴のソープランドをより楽しむためには

全国的に有名な温泉地であるおごと温泉のすぐ傍に、ソープ界隈では高い評価を受けているソープ街があります。
ソープ街としての歴史はまだ浅く店舗数も少ないながらも、その地域でサービスを提供するソープランド同士がしっかりと足並みを揃えて、良質のソープランドが集まる場所として知られています。
そんな雄琴のソープランドですが、普通に行って適当なソープランドで遊ぶだけでも十分に楽しく満足出来るものですが、どうせならばより一層楽しみたいというもの。
では、どうすればより雄琴のソープを楽しむことが出来るのでしょうか。

まず、ソープランドがあるソープ街ですが、ここは他のソープ街と違って完全独立型のソープ街となっていて、ほぼソープランドしかないその雰囲気は独特なものがあります。
日中でもその独特な雰囲気を味わうことが出来ますが、やはり日が沈みソープ街の入り口にあるゴールデンゲートとシルクロードの門、そして各ソープランドの看板が電飾で輝く頃が、一番その雰囲気を楽しむことが出来るでしょう。
街中にあるソープ街ではないので、ソープ遊びを目的とした方以外が訪れるということは滅多になく、周りの目を気にせず入り口から散策しながら店選びをするということも可能です。

お店の価格帯としては、メインとなるのはやはり格安店や大衆店といった比較的安いソープランドが多いのですが、高級店というのも数店舗あります。
日本三大ソープの一つと呼ばれる店がありますから、そこを目当てに訪れるというのも良いですし、この雄琴ソープ街が出来上がるきっかけとなった雄琴初のソープランドも営業を続けていますから、雄琴ソープ街と同じだけの歴史を持つその老舗で遊ぶのも良いでしょう。
前者のお店は当然高級店ですが、後者のお店は2万円ほどで遊べる手頃な店となっています。
椅子やマットといった基本的なプレイが中心のオーソドックスなソープランドが多いのですが、イメクラ系の店などもありますが、SMなどに代表されるような特殊なタイプの店というのはほぼ無く、基本的なサービス一つ一つを丁寧に行う店が中心となっていますので、店選びに困ることはあまりありません。

そして、雄琴と言えば温泉は欠かすことが出来ませんが、残念ながらソープ街の方には温泉が引かれていないため、ソープランドで温泉を楽しむということは出来ません。
しかし、ソープ街から車で10分も行けば温泉街がありますから、昼ソープで楽しんでから温泉、またその逆というのも可能です。
雰囲気的なものを考えれば、昼に温泉街に宿をとって温泉を楽しみ、夜にはソープ街へ繰り出して雰囲気と遊びを楽しむ、これが雄琴のソープを満喫することが出来る最高の方法ではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ