雄琴ソープ街の遊び方マニュアル

雄琴ソープ街は関西、北陸、中部の男性憧れの地、一度は遊びに行きたいと誰しも考える場所です。平均的なソープ街と思ってよく、初心者から上級者までまんべんなく楽しめるバランスのよいソープ街です。

【アクセス】

雄琴は完全郊外型のソープ街ですが、アクセスのしやすい場所です。電車では琵琶湖西側を縦断する「湖西線」。中部、北陸からは敦賀から北陸本線が分岐し、京都まで伸びていますので、関西方面からも同じ線を使うことになります。駅は「比叡山坂本駅」か「おごと温泉駅」になり、そこからはタクシーか路線バスになりますが、ソープ店の送迎が充実していますので、利用しましょう。

車で行く場合、東側からなら北陸自動車道、西側からは舞鶴若狭自動車道から161号線、京都以南からは名神から161号線に入ります。ソープ街はこの161号線沿いにありますが、161号線は2本あり、ソープ街があるのは琵琶湖よりの「西近江路」のほうです。ほとんどの店舗が広い駐車スペースを有しているので、駐車場代など余分な出費も抑えられます。

ソープ街入り口は「ゴールデンゲート」「シルクロードゲート」「川筋通り」の3ヶ所になり、近くに行けばいやがおうにも巨大なソープ店舗が目に入りますので、まず迷うことはないでしょう。

【お店舗選び】

雄琴も現在のソープランドの潮流にもれずWEBページがありますので、事前に詳細を確認しましょう。激安店などはありませんが、大衆店から高級店まで幅広くあります。客引きはかなりいます…また現地で時間を潰して一人作戦会議をするような飲食店も少ないことから事前調査して予約、突撃という手順をおすすめします。

車で言った場合も平気で客引きが声をかけてきますので、このあたりの風習にならってハザードをたいて走るとよいでしょう。「予約あり」の合図だそうです。

【お店選びで考えること】

全般的にレベルの高いソープ店が揃っていますが、NS店は数店舗だけです。エイズ問題が勃発した時に、いち早く「スキン着用」を開始した伝統がそうさせるのかも知れません。またフェチ系やイメクラ系、コスプレ、SMなど流行ソープの流れは雄琴にはありませんので、伝統的なソーププレイを楽しみましょう。

そのかわり高級店のクオリティーは非常に高く、その設備と相まってVIP気分を満喫することができます。中級店、大衆店であっても十分過ぎる設備、店内スペースで、ゆったりとした空間で本来のソーププレイを堪能できるでしょう。

立地条件が影響するのか、コンパニオンは経験者が多く、他のソープ街のようにヘルスやデリヘルと掛け持ちしているようなグレーゾーンな嬢がおらず、接客意識も高いようで地雷の少ない地域です。

【ソープ店から出たら】

せっかく遠征して滋賀県まで来たのなら、すぐ近くの「おごと温泉」を楽しむのもよいでしょう。昔からソープと温泉をパックにした遊び方をするソープ客は多く、現在ではリニューアルされた日帰り温泉も何軒かあります。

グルメといえば「近江牛」が有名で、おごと温泉協会猛プッシュの特産品です。駅前周辺には和洋、多くのおしゃれなレストランやカフェもあり、観光気分を味わうことができます。

サブコンテンツ