雄琴ソープ街コンパニオンの特徴

ソープ街の本質を知るためにはコンパニオンを知ることが早道です。滋賀県大津市の大ソープ街「雄琴」は、その規模と外観で全国にその名を知られていますが、立地の特徴からか、肝心のコンパニオンの情報が少ないのが難点です。実際に来店した人の口コミを見ると、満足したという声を聞きますが、他の地域から比べた特徴や傾向をまとめてみました。

【接客サービスが素晴らしい】

雄琴のコンパニオンのテクニックレベルが高いのはよく聞く話です。他の地域で経験を積んだ者が多く、「ソープ嬢として稼ぐ」という意識がしっかりしているようです。雄琴自体が田舎街であり、生活するには不便なこともあり、寮暮らしが基本となるため、経営者側との関係が密接で良好です。サービス地雷は店側との確執や不信感が原因、ということも少なくないので、良い職場環境も、コンパニオンのサービス向上につながっているようです。「かけけもち勤務」や「忘れた頃に出勤」するような嬢はほとんどなく、全体的に高い出勤率です。

【年齢層は高め?】

福原や吉原、ススキノなどに比べると年齢の平均は高いと言えます。前述したように、雄琴自体に低年齢の女の子を惹きつける魅力が少ないことも理由のひとつでしょう。ただ”平均”が高いだけであり、30代、40代ばかり…というわけでなく、18~20歳くらいの層が薄いだけのようです。

【テクニシャンが多い】

他の地域で売れっ子になり、雄琴に店を変え、指名客を引き連れてくる凄腕のコンパニオンが多くいます。また雄琴のソープ業界の体質が、伝統のソーププレイを重んじているのもテクニシャンが多い理由と考えられます。奇をてらったコンセプトを打ち出す店舗もほとんどなく、店舗間の競争は福原や吉原よりは穏やかで、コンパニオンの人気に店の命運をかけているようです。

そして雄琴の最大の特徴である、店舗の広さもテクニシャンの多さに起因します。繁華街にあるソープ街や地価の高い地域では、マットを置くのも一苦労するような手狭な店舗が多く、マットプレイを除外したり、軽視する風潮があります。それに反して雄琴は十分過ぎるプレイスペースが確保されおり、その好条件を利用してサービスのレベルを高めようとするのは自然な成り行きなのかもしれません。

【客層がいい→サービスが良くなるの好循環】

雄琴は田舎の観光地にあり、地元民よりも他府県からの客の方が多数を占めています。繁華街などで飲んだ後に「ソープランドへGO!」などというお客もほとんどいないため、客層が非常に良いのです。コンパニオンも一人の人間ですので、あまり変な客ばかりが来てしまうと心も荒んでしまいます。客層の良さも、コンパニオンのメンタルに良い影響を与え、好循環ができているとも言えるでしょう。

総体的に見ると、雄琴ソープ街のコンパニオンは欠点が少ない印象です。ソープ初体験の男性が多く訪れることからも、そのレベルの安定度はうかがえ、初心者からソープ・ヘビーユーザーまでも納得させてしまう懐の深さを持っているようです。

サブコンテンツ