雄琴の30代ソープ嬢を選んだ理由

たまに熟女を欲するときがある私は、雄琴にあるソープランドで少々年齢の高い女性を抱かせてもらっています。風俗サイトで発見したそのお店には、30代のコンパニオンが数人在籍していたので、私はどの熟女にしようか悩んでしまいました。そこで参考にさせてもらったのが、コンパニオンのプロフィールでした。私はタバコを吸う女性が苦手だったので、数人の熟女の中から吸わない人を選んだのです。そして、予約していおいたことを告げ、料金を支払うと待ち合い室へと促されました。間もなく呼ばれて部屋へと案内された私は予約指名した女性に会うことができました。ほぼ下着のような衣装で迎えられた私の視線はやはり胸元へといってしまい、女性から挨拶をされてもその視線は揺らぐことがありませんでした。そして、その大きな胸で全身を洗ってもらうと、熟女の熟れた体を感じることができ、思わず垂れたお尻を触ってしまいました。フェラチオやアナル舐めなど散々奉仕されまくった私は、そのお返しにベッドでは攻守をチェンジした終始攻めまくりでした。熟女は本気で感じているようで、アソコからは潮も溢れるほどでした。プレイが終了すると名刺をいただき、最後はお別れのディープキスで感謝を伝えました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ